1. Home
  2. 事業内容
  3. まちづくり
  4. 早稲田大学 所沢校地エコロジーキャンパス

「狭山丘陵」の豊かな自然環境と調和した早稲田大学所沢校地B 地区の建設・整備


早稲田大学は、所沢キャンパスの建設にあたり首都圏の生物多様性の宝庫とされる『狭山丘陵』での開発となるため、様々な自然環境との調和を図っています。特に、 B 地区とされる敷地内には狭山丘陵最大規模の湿地(三ヶ島湿地)が現存し、格別な配慮が求められる場所となっています。そうした背景を踏まえ、大学では学内の専門機関 (早稲田大学自然環境調査室)と学外の第三者機関(早稲田大学所沢校地B 地区自然環境評価委員会)の2 つを設置して、必要とされる対策や対応を講じながらエコロジーキャンパス化を進めています。

第三者機関である自然環境評価委員会は、委員会発足時の平成12 年(2000 年)以降、(公財)埼玉県生態系保護協会が事務局を担当しています。これまでの主な取り組みは、以下の通りです。

1)早稲田大学所沢校地B地区における自然環境対策の取組み

 (1)「早稲田大学所沢校地B地区自然環境評価委員会」の設置・開催
  ①評価委員会設立趣意書・設置要綱・委員名簿・評価委員会開催状況  資料
 (2)「早稲田大学所沢校地B地区自然環境評価委員会」における主な取決め事項
  ①評価委員会・提言書【平成13年8月11日】  資料
  ②B地区湿地環境管理方針、B地区回復緑地植栽計画方針【平成14年5月15日】  資料
  ③B地区屋上緑化・植栽方針【平成26年3月31日】  資料
 (3)早稲田大学所沢校地B地区における生物多様性対策
  ①B地区開発全体計画の変更-評価委員会発足時と提言書提出時-  資料
  ②B地区における主な開発造成域への対策と生物多様性試験エリアの推移  資料
  開発造成域
  Ⅰ.進入道路造成域  資料
  Ⅱ.研究棟利用域  資料
  Ⅲ.調整池・砂川掘整備域  資料
  生物多様性試験エリア
  Ⅰ.自然草地創出エリア  資料
  Ⅱ.湿地再生エリア  資料
  Ⅲ.二次林再生エリア  資料

2)早稲田大学所沢校地B地区自然環境評価委員会・「年次報告」

 (1)B地区自然環境評価委員会による生物多様性改善に向けた取組みの経緯  資料
 (2)B地区の生物多様性に関する留意点と取組みの概要  資料
 (3)年度ごとの評価委員会・報告
    ①会議次第 開催年月日/場所/議事
    ②評価委員会・議事録
  平成20年度  第1回評価委員会  資料  第2回評価委員会  資料
  平成21年度  第1回評価委員会  資料  第2回評価委員会  資料
  平成22年度  第1回評価委員会  資料  第2回評価委員会  資料
  平成23年度  第1回評価委員会  資料  第2回評価委員会  資料
  平成24年度  第1回評価委員会  資料  第2回評価委員会  資料
  平成25年度  第1回評価委員会  資料  第2回評価委員会  資料
  平成26年度  第1回評価委員会  資料  第2回評価委員会  資料
  平成27年度  第1回評価委員会  資料  第2回評価委員会  資料
  平成28年度  第1回評価委員会  資料  第2回評価委員会  資料
  平成29年度  第1回評価委員会  資料  第2回評価委員会  資料
  平成30年度  第1回評価委員会  資料  第2回評価委員会  資料