1. Home
  2. 事業内容
  3. 指定管理 荒川大麻生公園
 

新型コロナウイルス感染防止について

園内ではこまめな手洗い・消毒、近距離での会話の際のマスク着用など、感染拡大防止への取り組みをお願いいたします。
 自然観察・自然体験イベントは、感染対策を徹底した上で、実施いたします。ご参加にあたっては、ご理解とご協力をお願いいたします。

利用者のみなさまへのお願い

● 発熱や風邪のような症状があるかた、新型コロナウイルス陽性または感染が疑われるかたと濃厚接触があったかたは、来場の自粛をお願いします。
● 人との接触が密にならないように距離を取りましょう。
● 人との距離を保てる場合は、マスク着用の必要はありません。近距離での会話の際は、マスクの着用をお願いします。
● こまめな手洗いを心がけましょう。
● 感染防止のため、ゴミの持ち帰りに引き続きご協力ください。
● 感染症の予防および対策として、国・県のスマートフォン向けアプリの活用をお願いします。
● 自由広場における行為許可に関しては、主催者において感染症拡大防止の対策をとること、日ごとの利用予定数を申請時にご連絡いただくこと、主催者が参加メンバーの健康状態を書面で確認し一定期間保管すること、利用日ごとに利用者情報を提出することが条件となります。
感染拡大防止に関する遵守事項
利用者情報シート(利用日ごとに団体が指定管理者に提出)

公園の取り組み

● 定期的に、トイレのドアノブなどの消毒を行っています。
● 手洗い場に石けん液を置いています。
● スタッフの健康管理に務め、マスク着用を行っています。
荒川大麻生公園 安心宣言

8月の混雑予想(7/27現在)

公園の混雑が予想される日については、このHPでご案内します。
● 8/6(土)、7(日)、20(土)、21(日)、27(土)、28(日) サッカー大会のため

荒川大麻生公園


荒川大麻生公園は荒川中流左岸の河川敷、熊谷市にある県営公園です。公園全域で約170ha、その約半分は県内でも有数の野鳥の渡来地となっている「野鳥の森」や河原特有の草花が咲き誇る「野草の広場」が広がっています。「野鳥の森」では年間を通じて100種類以上の野鳥を観察することができます。また、「野草の広場」では春から秋にかけて河原特有の希少な植物を観察することができ、荒川流域でも最も豊かな自然のある公園となっています。

お散歩ガイド 2022年8月号
野鳥の森

スギ・アカマツ・クヌギ・ケヤキなどの針葉樹や落葉樹に混じり、アラカシ・シラカシ・ヤブツバキなどの照葉樹が生育していて、暑い熊谷の夏でも涼しい木陰を提供しています。林床にはベニシダ・イワガネソウ・ジャノヒゲなど暖地生の植物が多く生育しています。野鳥は、冬にアカゲラ・アカハラ・ルリビタキ、春と秋の渡りの時期にはキビタキ・オオルリ・クロツグミなど森林性の野鳥が見られます。

野草の広場

公園内の荒川に近い草地で、カラワナデシコ・カワラヨモギ・カワラハハコ・カワラサイコなど、減少の著しい河原特有の希少な植物のお花畑となっています。特にピンクの可憐な花をつけるカワラナデシコについては、県内の平野部では最大の自生地となっています。背丈の低い草地で、秋には高原で繁殖して南へ渡る途中のノビタキの姿を見ることができます。

この他、近くの荒川にシベリアから数十羽のコハクチョウが越冬にやってきます。また、河原では、カワセミ・イカルチドリなどの水辺の鳥が多く繁殖しています。

荒川大麻生公園 ブログ
大麻生公園 Twitter
エコ・パークボランティア募集

かつてこの一帯はアカマツが生い茂る「河原松山」と呼ばれ、小学校の遠足や行楽地として親しまれた場所でもありました。近年、マツ枯れや外来動植物の侵入、不法投棄などで自然が危ぶまれています。自然を守るボランティアにぜひご参加ください。毎月の活動は、下記イベント情報の欄をご覧ください。

大麻生公園エコ・パークボランティアパンフレット

エコ・パークボランティアは、日本ビオトープ管理士会の後援を受けて実施しています。

イベント情報

ご参加のみなさまと共に感染防止対策を行いながら、イベントを開催します。当日の体温測定、「 健康状態申告書」のご記入、マスクの着用やタオルの持参、体調不良時の参加自粛など、ご協力をお願いいたします。

お問合せ・お申込みは当協会「大麻生公園担当」(TEL 048-645-0570)までご連絡ください。
楽しいイベントの企画を募集中です!イベントのアイディアはooasou@ecosys.or.jpまでお寄せください。

2022年度の荒川大麻生公園の年間イベントはこちら






大麻生自然塾   

~カワラナデシコ探検ウォーク~
河川敷に残る貴重なナデシコの花を観察します。


 日時  2022年8月6日(土) 10:00~12:30(荒天中止)
 対象  小学校高学年以上(小学生は要保護者同伴) 
 定員  10名(先着順)
 参加費  一律300円
 持ち物  長そで、長ズボン、帽子、飲み物、タオル、あれば観察道具、虫よけ
 集合場所  荒川大麻生公園 自由広場駐車場
 申込方法  7月11日から、平日の9:00~17:00の間に電話にて受付 ※事前申し込み

わくわく野あそび隊

~竹で水鉄砲をつくろう~
竹のおもちゃで遊んで、暑い夏を乗り切ろう!


 日時  2022年8月28日(日) 10:00~12:00(満員)(雨天中止)※午後の回の追加開催は行いません。 
 対象  3歳~小学6年生(要保護者同伴)
 参加費  一律300円(3歳未満は無料)
 持ち物  飲み物、タオル、長そで、長ズボン、帽子、虫よけ、着替え
 集合場所  荒川大麻生公園 自由広場駐車場
 定員  30名10家族(先着順)
 申込方法  8月1日から、平日の9:00~17:00の間に電話にて受付 ※事前申し込み

エコ・パークボランティア

~カワラナデシコの株数調査~
河原特有の希少な植物であるカワラナデシコ(埼玉県絶滅危惧Ⅱ類)を守るため、皆で株を数えて経年変化を調べます。活動場所となる野草の広場では、同じピンク色の花を付けているコマツナギの花も最盛期を迎えています。植物に詳しくなくても大丈夫。調査方法や現地で見られる動植物についてスタッフが丁寧にご説明いたします!

★中学生、高校生、大学生、企業の方々が参加した場合、ご希望により「ボランティア参加証(証明書)」を発行します。お申し込みの際、あらかじめお伝えください。


 日時  2022年8月28日(日) 15:30~17:00(荒天中止)
 対象  高校生以上(保護者の同伴があれば小中学生も可)
 参加費  無料
 持ち物  長そで、長ズボン、帽子、飲み物、タオル、軍手、虫よけ、あれば観察道具
 集合場所  荒川大麻生公園 自由広場の南西側
 申込方法  平日の9:00~17:00の間に電話にて受付中

事前の申請が必要な公園の利用について

物品の販売、業として行う写真や映像等の撮影、競技会、広告物の表示等には、条件があり、料金を設定しています。事前の相談・申請が必要となりますので、お問い合わせください。また、自由広場(グラウンド)の行為許可については、地図PDFに広場の名称を示しますので、申請・お問い合わせ時にご参照ください。
荒川大麻生公園利用料金表PDF
自由広場の名称図PDF

公園内は全面禁煙です

荒川大麻生公園は受動喫煙防止対策実施施設です。望まない受動喫煙の防止を図るため、敷地(トイレ内も含む)は全面禁煙です。皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

公園でのルールとマナー

荒川大麻生公園のコンセプトを大切にしながら、利用者のみなさまがお互いに気持ちよく公園での時間を過ごしていただけるよう、公園のルールとマナーを定めています。
荒川大麻生公園 利用者遵守事項(公園での禁止事項などをまとめています)

アクセス

秩父鉄道
「ひろせ野鳥の森」駅徒歩5分
国道140号から、車で自由広場駐車場までの詳細PDF

公園内多機能トイレ
位置図詳細PDF