ロゴ
埼玉県
生態系
保護協会
事業内容
協会情報
ご支援
  1. Home >
  2. 事業内容 >
  3. 指定管理 > 荒川大麻生公園
事業内容

埼玉県生態系保護協会は、自然を守るために、自然環境調査データを活かしたまちづくりへの企画・提案などさまざまな分野からアプローチしています。

荒川大麻生公園
荒川大麻生公園(あらかわおおあそうこうえん)は荒川中流左岸の河川敷、熊谷市にある県営公園です。公園全域で約170ha、その約半分は県内でも有数の野鳥の渡来地となっている「野鳥の森」や河原特有の草花が咲き誇る「野草の広場」が広がっています。「野鳥の森」では年間を通じて100種類以上の野鳥を観察することができます。また、「野草の広場」では春から秋にかけて河原特有の希少な植物を観察することができ、荒川流域でも最も豊かな自然のある公園となっています。
野鳥の森

スギ・アカマツ・クヌギ・ケヤキなどの針葉樹や落葉樹に混じり、アラカシ・シラカシ・ヤブツバキなどの照葉樹が生育していて、暑い熊谷の夏でも涼しい木陰を提供しています。林床にはベニシダ・イワガネソウ・ジャノヒゲなど暖地生の植物が多く生育しています。野鳥は、冬にアカゲラ・アカハラ・ルリビタキ、春と秋の渡りの時期にはキビタキ・オオルリ・クロツグミなど森林性の野鳥が見られます。

野草の広場

公園内の荒川に近い草地で、カワラナデシコ・カワラヨモギ・カワラハハコ・カワラサイコなど、減少の著しい河原特有の希少な植物のお花畑となっています。特にピンクの可憐な花をつけるカワラナデシコについては、県内の平野部では最大の自生地となっています。背丈の低い草地で、秋には高原で繁殖して南へ渡る途中のノビタキの姿を見ることができます。
この他、近くの荒川にシベリアから数十羽のコハクチョウが越冬にやってきます。また、河原では、カワセミ・イカルチドリなどの水辺の鳥が多く繁殖しています。
荒川大麻生公園 ブログ
大麻生公園 Twitter

エコ・パークボランティア募集

かつてこの一帯はアカマツが生い茂る「河原松山」と呼ばれ、小学校の遠足や行楽地として親しまれた場所でもありました。近年、マツ枯れや外来動植物の侵入、不法投棄などで自然が危ぶまれています。自然を守るボランティアにぜひご参加ください。毎月の活動は、下記イベント情報の欄をご覧ください。エコ・パークボランティアは、日本ビオトープ管理士会の後援を受けて実施しています。
大麻生公園エコ・パークボランティアパンフレット

イベント情報

お問合せ・お申込みは、事務局・大麻生公園担当までご連絡ください。なお、天候により内容の変更、中止などの可能性があります。あらかじめご了承ください。
楽しいイベントの企画を募集中です!イベントのアイディアはooasou@ecosys.or.jpまでお寄せください。

エコ・パークボランティア
~野草広場で竹の植生管理~

野草の広場では隣接する竹林から次々と竹が進出し、園路を狭くしています。そのまま放置すると竹林は拡大し、野草の広場に生育する希少な植物「カワラサイコ」や「カワラナデシコ」など河原特有の植物の生育を妨げてしまうため、公園では定期的な伐採を行っています。作業は刃の細かな竹専用のノコギリを用いて伐採していきます。刈り取った竹は七夕飾り用にお持ち帰りも出来ます。

日時
2024年7月6日(土)9:00~11:00(荒天中止)
対象
高校生~大人向け(保護者の同伴があれば小中学生も可)
参加費
無料
持ち物
飲み物、タオル、長そで、長ズボン、帽子、軍手、虫よけ
集合場所
荒川大麻生公園 自由広場 南西側
申込方法
2日前までの平日9:00~17:00の間に電話にて受付中 ※当日参加可
わくわく野あそび隊
~みんなで草木染め体験~

公園管理で処分する外来植物を使って、草木染めを体験してみませんか。ウール生地に輪ゴムや竹割り箸を使って紋様を作ります。生地をつまんだり、挟んだり、折ったりして丸や四角や菱形の模様を組み合わせて、世界に一枚しかない作品を作りましょう。

日時
2024年6月23日(日) 10:00~12:00(雨天中止)キャンセル待ち受付中
対象
3歳~小学6年生向け(要保護者同伴)
参加費
300円(3歳未満は無料)
持ち物
飲み物、タオル、長そで、長ズボン、帽子、虫よけ、必要ならウールまたは絹100%の布(小さめのハンカチ位のサイズ)
集合場所
荒川大麻生公園 自由広場駐車場
定員
各30名(先着順)
申込方法
6月3日から、平日の9:00~17:00の間に電話にて受付 ※事前申し込み
大麻生自然塾
~初夏の河原で植物と昆虫探検ウォーク~

初夏の河原草地は、青々と茂るカワラサイコの黄色い花が足元を彩り、ほのかに香るイボタノキの白い花にはウラゴマダラシジミが訪れます。セッカの忙しない声が聞かれ、先が膨らんだ触角がかわいいキバネツノトンボが飛び交います。さあ、五感を研ぎ澄ませ、花や鳥や虫たちなどを探しながら、スタッフとともに歩いてみませんか。

日時
2024年5月18日(土) 10:00~12:30(荒天中止)
対象
小学校高学年~大人向け(小学生は要保護者同伴)
参加費
一律300円
持ち物
長そで、長ズボン、帽子、飲み物、タオル、(あれば)観察道具
集合場所
荒川大麻生公園 自由広場駐車場
定員
10名(先着順)
申込方法
4月1日から、平日の9:00~17:00の間に電話にて受付 ※事前申し込み
事前の申請が必要な公園の利用について

物品の販売、業として行う写真や映像等の撮影、競技会、広告物の表示等には、条件があり、料金を設定しています。事前の相談・申請が必要となりますので、お問い合わせください。また、自由広場(グラウンド)の行為許可については、地図PDFに広場の名称を示しますので、申請・お問い合わせ時にご参照ください。
自然の風景を活かした撮影をしませんか?ロケ地を探している方へPDF
荒川大麻生公園利用料金表PDF
自由広場の名称図PDF

公園内は全面禁煙です

荒川大麻生公園は受動喫煙防止対策実施施設です。望まない受動喫煙の防止を図るため、敷地(トイレ内も含む)は全面禁煙です。皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

公園でのルールとマナー

荒川大麻生公園のコンセプトを大切にしながら、利用者のみなさまがお互いに気持ちよく公園での時間を過ごしていただけるよう、公園のルールとマナーを定めています。
荒川大麻生公園 利用者遵守事項(公園での禁止事項などをまとめています)

アクセス

秩父鉄道「ひろせ野鳥の森」駅徒歩5分 国道140号から、車で自由広場駐車場までの詳細PDF
公園内多機能トイレ 位置図詳細PDF

車でお越しの方
🅐 国道140号線、熊谷商業高校入口交差点を商業高校方面へ入り一つ目の信号を右折
🅑 秩父鉄道の踏切をわたり、熊谷ゴルフクラブ入口を右折
🅒 右折後すぐに左折(右手に大麻生公園の看板)
🅓 突き当たり、道なりに堤防の坂を上がる(右手に大麻生公園の看板)
🅔 ポール(約1.9m幅)を通り抜け直進
🅕 一つ目の堤防下への道を左折し、荒川大麻生公園自由広場の看板を右折
🅖 駐車場
電車でお越しの方
🅐 駅を出たら踏切をわたり、突き当たりの堤防の階段を上がり左折
🅑 右手堤防へ降りる坂を下る
🅒 荒川大麻生公園自由広場