1. Home
  2. 事業内容
  3. 指定管理 荒川大麻生公園

荒川大麻生公園


荒川大麻生公園は荒川中流左岸の河川敷、熊谷市にある県営公園です。公園全域で約170ha、その約半分は県内でも有数の野鳥の渡来地となっている「野鳥の森」や河原特有の草花が咲き誇る「野草の広場」が広がっています。「野鳥の森」では年間を通じて100種類以上の野鳥を観察することができます。また、「野草の広場」では春から秋にかけて河原特有の希少な植物を観察することができ、荒川流域でも最も豊かな自然のある公園となっています。

野鳥の森

スギ・アカマツ・クヌギ・ケヤキなどの針葉樹や落葉樹に混じり、アラカシ・シラカシ・ヤブツバキなどの照葉樹が生育していて、暑い熊谷の夏でも涼しい木陰を提供しています。林床にはベニシダ・イワガネソウ・ジャノヒゲなど暖地生の植物が多く生育しています。野鳥は、冬にアカゲラ・アカハラ・ルリビタキ、春と秋の渡りの時期にはキビタキ・オオルリ・クロツグミなど森林性の野鳥が見られます。

野草の広場

公園内の荒川に近い草地で、カラワナデシコ・カワラヨモギ・カワラハハコ・カワラサイコなど、減少の著しい河原特有の希少な植物のお花畑となっています。特にピンクの可憐な花をつけるカワラナデシコについては、県内の平野部では最大の自生地となっています。背丈の低い草地で、秋には高原で繁殖して南へ渡る途中のノビタキの姿を見ることができます。

この他、近くの荒川では、シベリアから数十羽のコハクチョウが越冬にやってきます。また、河原にはカワセミ・イカルチドリなどの水辺の鳥が多く繁殖しています。

荒川大麻生公園 ブログ
エコパークボランティア募集

かつてこの一帯はアカマツが生い茂る「河原松山」と呼ばれ、小学校の遠足や行楽地として親しまれた場所でもありました。近年、マツ枯れや外来動植物の侵入、不法投棄などで自然が危ぶまれています。自然を守り地域の力になりたい方はぜひボランティアにご参加ください。
大麻生公園エコ・パークボランティアパンフレット
エコ・パークボランティア年間計画はこちら

イベント情報

お問合せ・お申込みは当協会「大麻生公園担当」(TEL 048-645-0570)までご連絡ください。
楽しいイベントの企画を募集中です!イベントのアイディアはooasou@ecosys.or.jpまでお寄せください。

※イベントの申込開始日がイベント月の最初の平日になりました

わくわく野あそび隊年間計画はこちら
大麻生自然塾年間計画はこちら

わくわく野あそび隊   

~はじめての木のぼり体験①~
自分の手足を使って木のぼりを楽しむ方法をご紹介します。


 日時  2017年4月23日(日) 10:00~12:00(雨天中止)  
 対象  3歳~小学3年生(保護者同伴)  
 定員  30名(先着順)
 参加費  子ども100円、大人300円
 持ち物  帽子、飲み物、軍手、タオル、動きやすく汚れてもよい服装
 集合場所  荒川大麻生公園 自由広場駐車場
 申込方法  3日前まで、9:00~18:00の間に電話にて受付 ※申込みは終了しました。

大麻生自然塾   

~春の花と渡り鳥探検ウォーク~
林や原っぱを探索しながら、いろいろな“春”を探します。


 日時  2017年4月22日(土) 10:00~12:00(雨天中止)  
 対象  高校生以上  
 定員  15名(先着順)
 参加費  大人300円
 持ち物  帽子、飲み物、汚れてもよい服装、あれば観察用具(双眼鏡など)
 集合場所  荒川大麻生公園 自由広場駐車場
 申込方法  前日まで、9:00~18:00の間に電話にて受付 ※要事前申し込み

    

エコ・パークボランティア

~カワラナデシコの移植~
プランターで育成した絶滅危惧種「カワラナデシコ」の苗を植え戻します。


 日時  2017年4月15日(土) 10:00~12:00(雨天中止) 
 対象  高校生以上
 参加費  無料
 持ち物  飲み物、帽子、軍手、タオル、汚れてもよい服装
 集合場所  荒川大麻生公園 自由広場駐車場
 申込方法  前日まで、9:00~18:00の間に電話にて受付 ※要事前申し込み

 
アクセス

秩父鉄道
「ひろせ野鳥の森」駅徒歩5分
国道140号から、車で自由広場駐車場までの詳細PDF